海外VPN4つを31日間スピードテストした結果...【最速のVPNはこれ】

オンラインゲームでVPNを使うメリット

ゲームでVPNを使うメリットは…

  • 個人情報の流出を防ぎハッカーから身を守る
  • アクセス制限のある海外のゲームを楽しめる

もう少し詳しく、どのようなメリットとデメリットがあるのかと、VPNの選び方のポイントについても解説します。

目次

なぜゲームで VPNが必要なのか?

まずは、ゲームでVPNを使う主な理由について、見ていきましょう。

アカウントや決済情報などの漏えいを防ぐため

オンラインゲームを使用するときは、アカウント情報や課金、利用料支払のための決済情報を入力する場面があります。

外出先のフリーWi-Fiを使いオンラインゲームを楽しむ時には、悪意のある第三者にこれらの個人情報を盗み取られないよう、注意が必要です。

オンラインゲームよくある被害の例…

  • ゲーム上で課金したアイテムが残高がなくなっていた
  • ログインIDとパスワードが知らぬ間に変更され、ログインできなくなった

VPNを使うと情報が暗号化され、こうした被害が防げます。

IPアドレス流出によるスワット攻撃を防ぐため

オンラインゲームでゲームサーバーに接続する時、気をつけなければならないのがIPアドレスの流出です。

IPアドレスとはインターネット上の住所のようなもので、第三者に知られるとおおまかな位置情報が割り出されます。

ゲーマーの中には悪質なプレーヤーも存在します。たとえば、他人の個人情報を入手してさらしたり、スワッティング攻撃を仕掛けたりするなどの迷惑行為が後を絶ちません。

スワッティング攻撃というのは「脅迫を受けた」などといった虚偽の通報により、他のプレーヤー宅に警察官を派遣する行為です。

過去には、ゲーム実況者への嫌がらせや、対戦相手プレーヤーへの嫌がらせのために攻撃した事例もありました。

この攻撃を防ぐには、VPNを利用しIPアドレスを隠すのも対策のひとつです。

他のプレーヤーからのDDoS攻撃を防ぐため

DDos攻撃とは、インターネットに接続する複数の端末を踏み台に特定のサーバーへ一斉にデータを送り込み、システムに負荷をかけてサーバーダウンさせる行為です。

たとえば、プレーヤーがゲームに不満を持ち、運営会社を攻撃する事例があります。

この場合、IPアドレスを知られた端末がマルウェア感染などにより乗っ取られ、知らぬ間に攻撃の踏み台にされてしまうのです。

また個人プレーヤーに対する攻撃としては、IPアドレスを使いホームネットワークを停止させプレイを妨害するなどの例があります。

こうした被害を防ぐためには、前述のスワット攻撃を防ぐ場合と同じく、VPNによりIPアドレスを隠す対策が有効です。

地域制限のある国のゲームをプレーするため

海外のゲームには、日本からの接続を制限しているものがあります。

この場合は日本のIPアドレスがブロックされる仕組みなので、VPNの特徴でもあるIPアドレスを匿名化する機能が役に立ちます。

世界中にサーバーのあるVPNサービスを利用すれば、日本からでも世界中のゲームが楽しめます。

VPNの仕組み

そもそもVPNとはどんな技術なのか、なぜ情報の流出が防げるのかよく分からないという方に、仕組みを簡単に説明します。

VPNとはVertual Private Networkの略で、インターネット上に仮想の回線を構築する技術です。

VPNを利用すれば、通信データが暗号化されるので第三者からの情報の盗み見や抜き取りを防げます。

また接続元が匿名化されるので、IPアドレスの特定ができません。

IPアドレスを隠すことで、アクセス制限のある海外のサイトやゲームにも接続できます。さらに、スワット攻撃やDDos攻撃などからも身を守れます。

あわせて読みたい
【図解】VPNとは?初心者向けにわかりやすく解説 VPN(Virtual Private Network:仮想専用回線)とは、仮想の回線をインターネット上に構築するサービスのことです。インターネットを使用する際は、他のユーザーやサー...

ゲームでVPNを使うメリット

ゲームでVPNを使う場合の、具体的なメリットについてお伝えします。

ISPからの通信速度制限を受けない

ISPというのは、インターネットプロバイダーの略です。

オンラインゲームは通信容量が大きいため、通院に遅延が起きないようプロバイダーが瞬間的に制限をかける場合があります。

しかしVPNを利用すると通信情報が暗号化されるので、外からは内容が分かりません。

そのため、通信制限を回避できるメリットがあります。

旅行先でゲームができる

日本でアカウントを作って遊んでいるゲームを、旅行や出張で海外からプレイしたいときにもVPNが役立ちます。

VPNを使えばIPアドレスが匿名化され日本のサーバーを経由できるので、まるで日本からアクセスしているかのように見えるという仕組みです。

この仕組みを利用して、海外からでもいつも遊んでいるオンラインゲームが楽しめます。

地域制限がある国のイベントに参加できる

地域制限のあるゲームでは、IPアドレスによりプレーヤーをブロックします。

しかしVPNを使えば、IPアドレスを匿名化し、海外のサーバーからアクセスが可能です。

こうして日本にいながら、アクセス制限に関係なく海外のゲームイベントにも参加できます。

VPNを使ってリリース前のゲームがプレーできる

オンラインゲームは、国によってリリース日が違うことがあります。

長い場合には何年も待つことになりますが、VPNを使えば日本でのリリースまで待つ必要がありません。

繰り返しになりますが、IPアドレスを匿名化し、海外サーバーを経由することで海外からアクセスしているように見なされるからです。

応答時間と遅延を軽減できる

他のプレーヤーと対戦している時に、気づかないうちに第三国のサーバーを経由してしまうことによって遅延が発生する場合があります。

たとえば、東京のプレーヤー同士が対戦しているのに、いったん大阪のサーバーを経由して通信してしまうなど。

サーバーを切り替えられるVPNサービスで最寄りのIPアドレスに接続すれば、遅延が軽減できます。

ゲームでVPNを使うデメリット

セキュリティを強化し、海外サーバーにも接続できる便利なVPNですが、もちろんデメリットもあります。

導入にあたって、メリット・デメリットの両方をあらかじめ把握しておきましょう。

バッテリーの消耗が早い

VPNは情報を暗号化するので、通常の通信よりも作業が多くなります。

そのため、ゲーム中にお使いの端末のバッテリー消費が早まる可能性があります。

外出先でスマートフォンでゲームを楽しみたい場合など、プレイ中にバッテリーが落ちないよう備えておきましょう。

通信速度が遅くなる場合がある

VPNの使用時は、通信を暗号化するためにパケットが肥大化し遅延が起こります。

一般的なインターネット回線を使って通信するので、利用者が増える時間帯や国によっても通信速度が変わるのがデメリットです。

対策として、今いる場所に近いサーバーに切り替えると改善される場合があります。

費用がかかる

インターネットVPNを使う場合は数百円~2000円程度費用がかかります。

ゲームで使うVPNを選ぶポイント

ゲームでVPNを使う場合に、どのようなポイントを見て選ぶべきかをまとめました。

通信速度が高速なものを選ぶ

VPNサービスによって、通信速度が異なります。

秒単位の速さが命のオンラインゲームでは、通信の遅延は相当なストレスです。

できるだけ遅延の少ないVPNを選びましょう。

遅延の少ないVPNについて当サイトで検証していますので、あわせてご参照ください。

あわせて読みたい
海外VPN4つを31日間スピードテストした結果 VPNを選ぶ際に最重要なのはスピード(遅延の少なさ)だと考えています。 頻繁に通信が遅れるといつまでも仕事が進まないので、遅延が少ないものを選んだ方が能率が高い...

世界にサーバーの数が多いものを選ぶ

ゲームサーバーとプレーヤーとの距離が短くなると遅延が少なくなるので、サーバー数の多いものが安心です。

また、サーバーの数が多いと、利用者の数が分散されるので速度の遅延が軽減されます。

世界中のゲームをプレイする方なら、世界中にサーバー数が多いものを選べばプレイ中のラグを最小限に抑えられます。

お使いのゲーム機種に対応しているものを選ぶ

パソコンやスマホのオンラインゲームではなく、ゲーム機からVPN接続をする場合は注意が必要です。

VPNによっては、お手持ちのゲーム機に対応していない場合があります。

必ず、お使いのゲーム機と互換性のあるVPNサービスを選びましょう。

データ通信量に制限のないものを選ぶ

オンラインゲームの場合、初期のダウンロードだけではなくアップデートにより大きなデータ通信量がかかってしまいます。

データ通信量に制限のないVPNを選べば、ゲームのセッションが途中で切断されるストレスはありません。

ノーログポリシーがあるものを選ぶ

ゲーム用途に限ったことではありませんが、VPNを選ぶときにはノーログポリシーがあるものを選びましょう。

ノーログポリシーとは、VPNの運営元が利用者のIPアドレスや行動履歴(ログ)などの個人情報を残さないと宣言した規約です。

この規約があれば、運営元に個人情報を悪用されたり、流出させられるリスクがありません。

ノーログポリシーについて詳しくはこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
ノーログポリシーとは?海外VPN4社の記載を比較しつつ解説 ノーログポリシー(英:no logs policy)とは、IPアドレスや閲覧履歴のような、個人情報に紐づくデータをVPNの運営元が保存しない宣言のことです。ログを取らないので、...

有料のものを選ぶ

無料のVPNは広告収入で利益を得ているため、ポップアップ広告がたくさん表示されます。

また、データ量や帯域幅に制限があるものが多いです。

その結果、通信が遅くなるデメリットがあります。

さらに無料VPNの運営元の中には利用者のログを第三者に売る業者も存在するので、避けた方が無難です。

VPNと別にウィルス対策ソフトを併用しよう

パソコンやスマホなどを利用したオンラインゲームで、パスワードとIDを盗むウィルスが確認されています。

しかし、VPNにはこのようなマルウェアを検知する機能はありません。

ウィルスに感染するとパスワードが漏れ不正利用されるリスクがあるので、VPNとウィルス対策ソフトの併用がおすすめです。

まとめ

ゲームでVPNを使うメリットは、大きく分けて二つです。

  • 情報の漏えいを防ぎ、他のプレーヤーやハッカーから身を守る
  • 世界中のゲームをプレイできる

スマホやパソコン以外のゲーム機でVPNを使う場合、お手持ちの機種に対応したVPNを選びましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる