海外VPN4つを31日間スピードテストした結果...【最速のVPNはこれ】

ノーログポリシーとは?海外VPN4社の記載を比較しつつ解説

ノーログポリシー(英:no logs policy)とは、IPアドレスや閲覧履歴のような、個人情報に紐づくデータをVPNの運営元が保存しない宣言のことです。ログを取らないので、ログが漏洩しません。個人情報を保護する目的でノーログポリシーが採用されています。

この記事では、ノーログポリシーの全体像をお伝えした上で、VPNサービス4社のノーログポリシーを比較します。

要点を述べる人

ノーログポリシーは、プライバシー保護について運営元の考えを表明するものです。VPNユーザーが最低限知っておきたい点はこの記事で解説します。より詳しく知りたい方は各社のページを見ていただくといいかもしれません。

目次

ノーログポリシーの概要

考える人
ノーログポリシーがあれば安全といわれるのはなぜ?
答える人

平たく言うと個人情報流出のリスクを軽減できるためです。

【ざっくり解説】ノーログポリシーの全体像
  • ノーログポリシーとは
  • 本社の所在地が重要
  • 運営元の信頼性が重要
  • ノーログポリシーの内容

ノーログポリシーとは

ノーログポリシーはログを保存しない宣言のことです。

考える人
私たちがノーログポリシーを気にする必要はあるの?
答える人

ノーログポリシーがあるメリットは以下2点です。

  1. IPアドレス、閲覧履歴が流出しない
  2. 運営元に個人情報を悪用されない

ログを保存していなければ、ログは流出しようがありません。

2について少し補足します。VPNを使うと第3者からは通信を覗きにくくなります。ただし、IPアドレスや閲覧履歴を保存している場合は、運営元がユーザーの情報を悪用することも理屈的にはできます。ログを保存していなければ、悪用はできません。

ノーログポリシーの内容

ノーログポリシーに書かれている内容は主に以下4点です。

  • 記録しない個人情報
  • 記録する個人情報
  • 個人情報を記録する理由
  • 個人情報を記録する期間
  • 本社の所在地

本社の所在地が重要

データ保持に関する法律がない国や地域に本社があるかどうかが重要です。

多くの国ではログの保存が義務付けられています。例えば、日本のプロバイダもログを3~6ヶ月程度保存しています。

要点を述べる人
データ保持に関する法律がある国に本社がある場合、ノーログポリシーを宣言しようがありません。法律に反するためです。

運営元の信頼性が重要

ノーログポリシーがあったとしても、内容が嘘であれば元も子もありません。

運営元自体に信頼性があるかどうかが肝心です。

マイナーなVPNよりも、ある程度大手で運営歴が長いVPNの方が、相対的に安心感があります。

余談ですが大手VPNを使った方がいい理由がもう1つ。速度が早いからです。

大手VPNの方がサーバーの数が多いです。サーバーの数が多いと、特定のサーバーが過密になりすぎないので、遅延が起きにくいです。

海外大手VPNサービス4社のノーログポリシーを比較

海外VPNのノーログポリシーの内容を要約してお伝えします。

ノーログポリシーの内容をより詳しく知りたい方・VPNを検討している方はご参考ください。

ExpressVPN

ノーログポリシー要約

収集しない情報内訳
  • IPアドレス (ソースまたはVPN)
  • 閲覧履歴
  • トラフィックの行き先またはメタデータ
  • DNSクエリ
  • アクティビティログ
  • 接続ログ
収集する情報内訳
  • 有効化されたアプリとアプリのバージョン
  • VPNサービスに接続した日付(時間を含まない)
  • VPNサーバーロケーションの選択
  • 1日あたりに転送されたデータの合計(MB)

詳細:アクティビティログ&接続ログなしプライベートVPN | ExpressVPN

何を収集して、何を収集しないのか。収集する理由は何か、というポイントが具体的に書かれていて、ノーログポリシーの記載に安心感があります。

個人情報に紐づくようなIPや閲覧履歴は取得しないようです。

一方、接続エラーやクラッシュのような技術的トラブルを解消するためのデータは収集するとのことでした。

本社

英領ヴァージン諸島。データ保存法なし

NordVPN

ノーログポリシー要約

要約

ユーザーのオンライン行動を記録していない

詳細:​​100%匿名VPN:ログの記録や保持は一切しません | NordVPN

NordVPNはパナマで運営されています。パナマではデータ保管を義務化する法律がないので、NordVPNにはログを保存する義務がありません。

また、NordVPNは大手独立監査法人PricewaterhouseCoopersAG社によってノーログVPN監査を受けています。2018年のことで、業界初のノーログポリシー監査だったようです。

本社

パナマ:データ保持法なし

surfshark

ノーログポリシー要約

サービス提供と改善に必要な最低限の情報のみ収集

収集する情報内訳
  • サービス提供に必要な情報:サービス利用中と、解約後2年間
  • Smart DNS提供に必要な情報:サービス利用中
  • Trust DNS提供に必要な情報:Trust DNS利用中
  • サービス改善に必要な情報:解約時まで
  • サービスオファーに必要な情報:同意から2年
  • (登録した場合)ソーシャルメディアとの連携に必要な情報
  • クッキーとwebビーコン

詳細:Surfshark Privacy Policy|Surfshark

収集しない情報内訳
  • IP アドレス
  • ネットワークトラフィック
  • 閲覧履歴
  • 帯域幅使用量
  • 接続の時間と期間
  • セッション情報

引用:VPNとは何ですか?仮想プライベートネットワーク101 – Surfshark 2021

    本社

    英領ヴァージン諸島。データ保存法なし

    CyberGhost VPN

    ノーログポリシー要約

    収集しない情報内訳
    • IPアドレス
    • DNSクエリ
    • 閲覧履歴
    • アクセスコンテンツ
    • セッション時間
    • 接続のタイムスタンプ
    • 切断のタイムスタンプ
    • 帯域幅の使用
    • VPNサーバー接続

    詳細:ログを記録しないVPN:匿名のNoSpyサーバー│CyberGhost

      CyberGhost透明性レポートを発行し、著作権クレーム、マルウェア、開示請求の件数を公開している。本社があるルーマニアではデータの開示が義務ではないので、要請があっても開示には応じない。

      本社

      ルーマニア。プライバシー法がある。データの保持は憲法違反という判例もある。

      まとめ

      ノーログポリシーは、VPN運営元がユーザーのログを保存しないことを宣言するもの。

      ノーログポリシーがあるVPNの方が、個人情報保護の面で安心感があります。

      要点を述べる人

      VPNの安全性を確認するポイントは

      • ノーログポリシーの有無
      • ノーログポリシーの内容
      • 本社の所在地(ログ保存義務のない国にあるか)
      • 運営元の信頼性

      よかったらシェアしてね!

      この記事を書いた人

      目次
      閉じる